読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せの法則!~こころのたまご~

わかりやすく引き寄せの法則を日常で使ってもらえるようにお伝えしていきたいと思っています。

引き寄せの法則19日目

こんにちは。

昨日に引き続き
の話。


私には「母親との関係」ですごくブロックがかかっていましたので
このブロックを外すため
気付いたら
「小さい私ちゃん」にかまってあげています。


私は、主人との関係にも
この母親とのブロックを使っていて
いつも喧嘩ばかりでした。


主人からも、
「愛されてはいけない」
と思ってしまっていたんでしょう。
彼からの愛情はすべてシャットアウトさせている私がいました。


彼に感謝すること
私は愛されていたんだと思えること
(愛されても良いんだ。比べられなくて良いんだ。と思うこと)


これを徐々にブロック解除していけたらな。と思っています。


私は、子供の頃からずっと弟に劣等感をもち「弟より、私を見て欲しい。」と思い続けており
なんと、母親のことを
「お母さんってなんなのかわからない。母親とは思えない」と思って幼少期から今までを過ごしておりました。


喧嘩すらしない家庭で過ごしたんですけどね。
子供の頃から弟と比べられてるって思っていたんでしょう。。。


なので、今子育て中のお母様
私よく感じるんです。


謙遜する文化はわかりますが
子供さんの前で、その子を蔑んではいけません。

◉◉ができないのよー。いいわねー。おたくの◉ちゃんはできてー。


とか。



その度に子供さんの心には置いてけぼりのインナーチャイルドちゃんができていきます。


そして
控えめを大事にする文化。

相手を思いやったり
優しく気を使う時、他にもスマートに使うのは大賛成ですが



子供の前で子供のできないところを指摘して他の子と比べる。子供を子供の前で謙遜する。
のは、文化でもなんでもないと思います。

お子様の立場に立って
あなたは、いつも世界中から愛されていて、そのままで素晴らしい。


ということをどんどん伝えてあげてくださいね。


もし、ママ友とのお付き合いで全員がそんなことを言い合うようなら
一緒に体を動かしてみたり
料理をつくってみたり
ポジティブに楽しい話題になるように心がていっていって欲しいな。
と私は思っています。


比べることなんて必要ないんですよね(^_^)同じに生まれてきたのに、比べることを感じるということは

親が、周りが比べるように教えたということかもしれませんね。


みんなちがって、みんないい♡


f:id:pipir:20160623144534j:image

広告を非表示にする