読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せの法則!~こころのたまご~

わかりやすく引き寄せの法則を日常で使ってもらえるようにお伝えしていきたいと思っています。

引き寄せってどういうこと??

こんにちは。

気付いてしまった引き寄せの法則

 

どうやって書けば伝わるのか、、、

 

私なりにわかりやすくお伝えできればいいなあ。。

 

 

思えば、私自身

「わかってるような、わかっていない状態」

でずっと過ごしておりましたから

わかったときは全部がつながった。

 

わかりやすく書く。を目標に少しづつ書いていきたいと思います^^

 

例えば

※答えを”紙に書いてください”ね☆

 

「今朝何を食べましたか?」

「今朝、ベッドメイキングはしましたか?」

「お昼ご飯は何にしますか?」

という質問を私はあなたに投げかけます。

 

さあ、答えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

はい!

ありがとうございます。

 

まず手元を見てください

「紙に答えをかきましたか??」

書いている方も、書いていない方もいると思います。

 

それが「あなたの創った思考」そのものなのです。

なので

あっている、も

間違っている。もないのです。

 

ただ、事象として

「紙に書いてと言われて、それを実行した自分」と

色々な理由により

「実行しなかった自分がいる」

ただそれだけのことなのです。

 

ここでキーになってくるのは

「どっちが良いかは判断しない」

ということです。

 

潜在意識さんは判断をするとそれを自分のことかと思ってしまうので

(また別の機会に書きますね!)

”やった!私は言うとおりにできた!”と思えば

言うとおりにできた自分=すごい

と思ってしまい今度は、凄いという判断基準を自分の中で作ってしまいます。

 

反対に

”私はまた言い訳してできなかった”と思えば

言い訳することに対して罪悪感を持つ意識を呼び寄せ

”忙しかったんだ”

と思えば忙しくて手につかない状況を自分で作っていってしまうのです。

 

答えは簡単、

思考したことの積み上げで今ができている。

これだけです。

 

今あなたの目の前にある

携帯電話でも、PCでも、鉛筆でも自動車でもペンでも何でもよいです。

あなたが選んであなたの前に存在するものってありますか??

 

「借りものだ」「備品だ」というものでも

それを借りる状況を作ったのは誰でしょうか。

「店のものだ」というものは

そのお店にいるのは誰の意思でしょうか

必ず”自分で選んだ通り”の状況に今あなたはいませんか??

 

そうだけど、、、なんだかなあ。。。

と思ってしまったあなたもそれでよいのです!!

だって、、、

そうなんです。言ってしまえば極論なのです。

 

でも、あなた自身が今ここに存在していることは真実です。

あなた自身はここに存在しています。

 このパソコンも携帯も存在しているのが事実です。

私が思う簡単にわかる引き寄せの法則はそこが原点で全てです。

 

わからなくてもよいです。

わかっても良いのです。

悩んでいても

喜んでいても

それはすべて自分です。

 

まだまだこの記事は何回にも分けて書いていこうと思います^^

 

次回は、引き寄せの思考の方法を書いていきたいと思います^^

ご覧いただきありがとうございました^^

 

 

 

広告を非表示にする