引き寄せの法則!~こころのたまご~

わかりやすく引き寄せの法則を日常で使ってもらえるようにお伝えしていきたいと思っています。

60時間の陣痛のおはなし①

こんにちは。

今日も私の独り言。

お付き合いいただきありがとうございます。

 

今日のお題はズバリ「出産」「陣痛」について書いていこうと思います。

私の出産経験は1回。

娘が一人です。

 

私の陣痛時間は合計64時間!!!

ひぃぃい!!ですよね。たは。

 

最初はね、感覚が鈍いのでまだいいんです。

私の陣痛は主人とテレビを見ているときでした。

「あれ?陣痛来たかも??」

 

病院に電話して一旦来院してください。

と言われ主人に運転してもらい病院に到着。

産科の先生は不在で看護師さんが対応してくださったんですが、

「たぶん破水じゃないと思うので、いったん自宅に帰ってください」

 

と言われ家に帰り、別途に横になっていました。

それから数時間後

病院から電話

「やっぱり破水だったので、準備をして病院に来てください」

 

えええええー??

と思いましたが、初めての出産でどうしていいかわからず再度病院へ。

 

そこから長い長い戦いが始まるのです、、、

まず、主人はその場でなぜか帰ってしまいます、、、

「明日仕事だし、まだ生まれないでしょ?」

 

ええええーー??

初めての出産で病院について数十分でかえってしまう夫。(子の出産劇の話は墓場までしつこく私に言われ続けるはず)

私は主産に際して

「菩薩のような心でする」と決めていましたから

そんな心ない主人に何も言わず

痛みの増す陣痛を笑顔で、とにかく優しい気持ちでのりきろうとしました。

 

次の朝起きて、昼くらい

赤ちゃんが下りてくるように廊下を右往左往していると、旦那がのんきに登場。

個室のない総合病院だったので、相部屋だったのですが

隣の若いお姉ちゃんは

陣痛に耐えられなかったのか、ご両親に対して恐ろしい罵声を浴びせていました汗

私は相変わらず

「菩薩のように、心やすらかに」

陣痛受け止めておりました。笑

 

そこにまた、面白エピソード(というかもう、試練なの?)がやってきます。

基本ほっておかれた私の陣痛ライフ。

隣にいた女の子も、あれだけ叫んでいたのに

いつの間にか出産を終えていました。

 

夜になると両親と主人が登場。

和やかに(超痛いんですよ!?)話をする。

ところが、うちの父が発した言葉はなんと。。。。!!

衝撃の

 

「通帳の番号を教えろ」

 

はあ、、、もう笑うしかないですよ。

いやね、確かに書類上全然別のことで必要だったのかもしれないけど

今聞く!??

 

男の人ってデリカシーって存在しないのかしら、、、

てか、後でも出てきますけど

我が家の人たちは、私のことをなんだと思っているんでしょうか、 笑

 

長くなったので明日に続きます。

いよいよあと40時間ですよ!!長!!!

広告を非表示にする